『超音波検診で発見された膀胱腫瘍の3例』 医報とやま

HOME  >  研究発表  >  『超音波検診で発見された膀胱腫瘍の3例』 医報とやま

『超音波検診で発見された膀胱腫瘍の3例』 医報とやま

2004.04.01

「医報とやま」 

2月15日号に掲載されました



超音波検診で発見された膀胱腫瘍の3例

サンシャイン・メドック(医療法人光ヶ丘病院 人間ドック部門)
笠島 學(超音波指導医・専門医)、豊田 恒良



要旨

 最近4年間にサンシャイン・メドック(人間ドック)で下腹部の超音波検査を延べ6,599名の受診者に施行したが、3例(発見率0.05%)の膀胱腫瘍が発見され、膀胱癌は2例(発見率0.03%)であった。2例の膀胱癌は、いずれも早期癌であり、尿潜血反応は陰性であった。3例とも乳頭状の腫瘍が認められ、全例経尿道的に切除された。三原らは人間ドックの超音波検査で発見された膀胱癌6例(発見率0.04%)の全例と、地域・職域集検で発見された膀胱癌の88%が尿潜血陰性であり、全例経尿道的切除が可能であったと報告しており、膀胱癌の早期発見において、超音波スクリーニングのはたす役割は極めて重要であるといえる。また、検査時に膀胱内の尿が充満していないことが多いため、正確な診断を下しにくいが、異常所見が疑われる場合は、時間をおいて膀胱充満後に再検査をすることも必要である。なお、日常診療で腹部超音波検査を施行する際、早期膀胱癌の発見のため、下腹部の検査を是非加えてもらいたいと願っている。



1.はじめに

 サンシャイン・メドックは、日帰り人間ドック専用フロアとして当院内に平成5年に開設した。受診者数は徐々に増加し、現在、人間ドック・検診を合わせると年間5千人を超えている(表1)。以前、超音波検診による6例の甲状腺癌の発見1)やマンモグラフィーと超音波検査を併用した乳癌検診の有用性2)を報告したが、今回は、ほとんど報告がされていない膀胱腫瘍の超音波検診における意義について検討した。



2.対象および方法

 平成12年1月から平成15年12月末日までの4年間に、サンシャイン・メドックで下腹部超音波検査を施行した受診者延べ6,599名を対象にした。超音波検査は、各健康保険組合様の契約に従い、甲状腺、乳腺(女性のみ)の依頼があれば、それらに引き続き上腹部を検査し、依頼が無ければ上腹部が最初で、次に下腹部を検査している。また、週に3日は上腹部と甲状腺・乳腺・下腹部の検査を異なる医師が行っている。超音波診断装置は東芝製SSA-240A(TOSBEE、中心周波数3.75MHz)で、開設以来の古い器械を使用している。



3.結果

 膀胱腫瘍は3例に認められ、発見率は0.05%であった。そのうち膀胱癌は2例発見(癌発見率0.03%)されたが、いずれも早期癌であった。超音波検診で膀胱腫瘍の疑いと診断したのは他に数例あるが、膀胱の充満を待って再検査を行い、腫瘍が否定された症例もあった。泌尿器科での膀胱鏡検査で腫瘍が認められなかった超音波像を図1、図2に示す。

 次に、膀胱腫瘍の症例を提示する。

「症例1」は50歳男性で毎年受診されており、3回目受診の平成12年、超音波検査(図3)では膀胱内にやや不正形の9mm大の腫瘤を認めた。尿定性、沈渣ともに所見は無かった。膀胱鏡検査では、左尿管付近に乳頭状の腫瘍があり、内視鏡下に腫瘍切除が施行された。病理組織検査では、早期の移行上皮癌であった。余談だが、この症例は3年後PSAが484ng/mlという異常高値のため、再び泌尿器科に紹介したが、前立腺癌であった。その時の超音波像(図4)では前立腺の異常を指摘できない。また、このように膀胱に尿が充満していない場合、超音波検査で膀胱病変を指摘するのは困難である。

「症例2」は44歳男性で、2回目受診であった。超音波像(図5)では1cm以下の膀胱腫瘍の疑いがあり紹介したが、膀胱鏡(図6)では乳頭状の腫瘍がみられ、早期の膀胱癌であった。この症例も尿所見は正常であった。

「症例3」は41歳女性で、2回目受診であった。超音波像(図7)で膀胱内に微小腫瘍の疑いがあり、尿所見では顕微鏡的血尿のため、泌尿器科受診を勧めたが、その時は受診しなかった。4ヵ月後に肉眼的血尿があったため泌尿器科を受診し、膀胱粘膜より有茎性に突出した腫瘍を認め、経尿道的に切除された。病理組織検査では嚢胞性膀胱炎であり、悪性所見は認めなかった。



4.考察

 人間ドックにおいて腹部超音波検査は必須の検査であるが、膀胱に注目した超音波スクリーニングは軽視されており、学会発表もほとんど見られない。この理由として、超音波検査を施行する大部分の医師・技師の専門領域が消化器であるので、膀胱に興味が無いことや、人間ドックの手順上、排尿直後に超音波検査を施行することが多いため、膀胱内容が少なく正確な診断を下しにくいこと等があげられる。当施設でも、超音波検査の際に膀胱が尿で充満していることはめったにないが、丹念に膀胱を観察し、小病変を見逃さないように心がけている。三原3)は、下腹部を含めた超音波スクリーニングを行った7年間の人間ドック延べ受診者13,384名で6例(0.04%)の膀胱癌が発見され、大きさは8〜18mmで、全例に経尿道的切除がされたが、尿潜血は全例陰性であったとしている。また、3年間で延べ受診者7,6420名があった地域・職場集検では、29例の膀胱癌が発見され、全例に経尿道的切除が施行され、88%の症例で尿潜血検査が陰性であったと報告している。この報告は、われわれの結果とほぼ一致しており、尿所見は膀胱癌の早期発見には全く無意味であり、超音波検査が唯一の早期発見の手段であることを示している。腹部超音波検査は、人間ドックに限らず日常診療で膨大な症例に施行されているが、上腹部のみでなく、下腹部、特に膀胱に着目した検査をおこなうことにより、膀胱癌の発見が飛躍的に伸びることが期待される。

(資料を提供していただきました長谷川徹先生に深謝いたします。)



5.文献

1)笠島 學、川東正範:超音波検査による甲状腺検診の経験.医報とやま.1187(H9.3.15):13-17,1997

2)笠島 學、豊田恒良:検診発見乳癌の経験.医報とやま.1268(H12.8.1):7-11,2000

3)三原修一、木場博幸ら:超音波スクリーニングによる膀胱癌の早期発見.健康医学(日本人間ドック学会誌):15(4):171-172,2001




表1.サンシャイン・メドックの受診者(人間ドックおよび検診)の推移
image-ihou20042hyou

図1. 52歳女性。時間をおいて再検査したが、やはり膀胱内に突出しているように見える。膀胱鏡では腫瘍なし。
image-ihou20042-2

図2.49歳男性。膀胱鏡では腫瘍なし。
image-20042-3

図3. 症例1の超音波像。膀胱にやや不整形の腫瘍あり。
image-20042-4

図4. 症例1の3年後。膀胱は尿貯留が少なく観察不十分。前立腺癌であったが、超音波像では前立腺に異常を指摘できない。
image-20042-5

図5. 症例2の超音波像。膀胱内に有茎性腫瘍の疑いがある。
image-20042-6

図6. 症例2の膀胱鏡所見。
image-20042-7

図7. 症例3の超音波像。膀胱内に微小腫瘤を認める。
image-20042-8

診療案内
INFORMATION [はじめて受診される方へ]  初診の方はご覧ください
[受付時間のご案内] 【月~金曜日】
 午前   8:30~12:00
 午後 13:30~17:00
【土 曜】
 午前 8:30~12:00
 午後 休診
【休 診】
 日曜・祝日・お盆・年末年始
医療法人社団 紫蘭会 医療法人
光ヶ丘病院
Medical Corporation HIKARIGAOKA 〒933-0824
富山県高岡市西藤平蔵
313番地
TEL 0766-63-5353(代)