特別寄稿 ほほえみ48号掲載(平成19年8月号)

HOME  >  会報ほほえみ・理事長巻頭言  >  特別寄稿 ほほえみ48号掲載(平成19年8月号)

特別寄稿 ほほえみ48号掲載(平成19年8月号)

2007.08.01

中国長春に安君先生を訪ねて

理事長  笠島 學

 

 私どもが日本での初回研修のお世話をしたのが縁で、長年にわたり親交のある安先生が、瀋陽の中国医科大学教授から長春の吉林大学第一医院教授に移籍されたのを機会に、6月に高岡ライオンズクラブの仲間3人と2年振りに中国の安先生を訪ねてきました。

 

吉林省の省都である長春は、満州時代は新京と呼ばれる首都でした。遼寧省の大連や瀋陽と比べるとまだ開発途中ですが、素朴さを残しており、満州時代の建物をうまく活用しています。若い人が多いし、建築ラッシュが続き、活気に満ち溢れていました。安先生からのメールで、リハビリについて皆が知りたがっているので、講義をしてくれと依頼があり、日本のリハビリの現状について、リハビリの素人である私が安先生の通訳で話すことになりました。

 

国産車「紅旗」を製造した第一自動車が経営する病院が吉林大学第四医院に移管したのですが、そこに一番広い講義室があるので会場となりました。吉林大学と吉林省リハビリ学会との合同招待講演の形で、テレビ中継もされるという大げさな事態に驚きました。講演の前後には数人の指導者の挨拶がありました。質問は、理学療法士と作業療法士の違いは何かとか、医療チームの中にカウンセラーは入るのかなど、返答に戸惑うこともありました。大学に相当数いるリハビリ医は、疼痛に対する物理療法が主な仕事のようでした。畳がある日本家屋の一軒家に療法士が出向く「訪問リハビリ」の写真を見せましたが、彼らにとっては新鮮な驚きだったでしょう。

 

安先生と旧交を温め、日本留学の経験があるリハビリ科の劉教授、李教授とも懇談でき、日中友好の輪を更に広げることができた中国訪問でした。

診療案内
INFORMATION [はじめて受診される方へ]  初診の方はご覧ください
[受付時間のご案内] 【月~金曜日】
 午前   8:30~12:00
 午後 13:30~17:00
【土 曜】
 午前 8:30~12:00
 午後 休診
【休 診】
 日曜・祝日・お盆・年末年始
医療法人社団 紫蘭会 医療法人
光ヶ丘病院
Medical Corporation HIKARIGAOKA 〒933-0824
富山県高岡市西藤平蔵
313番地
TEL 0766-63-5353(代)