2014 6月

HOME  >  2014  >  6月

特別寄稿 ほほえみ第64号(平成26年6月号)

『「障害者権利条約の批准」に思うこと 』

障害者支援施設 志貴野苑 所長  塚 原 博 密

 国連の『障害者の権利に関する条約』を日本も批准し、本年2月19日から効力が生じた。日本の批准は欧州連合の批准を含め世界141番目。2006年12月国連総会で採択され、2008年5月条約発効から5年余りかかったのは国内法の整備が必要とされていた。2011年「障害者虐待防止法」成立。同年「障害者基本法」一部改正。2013年「障害者差別解消法」が成立し、条約の承認案が昨年12月に国会で正式承認された。

 この条約は、障害を理由としたすべての差別を禁止し、障害者の権利・尊厳を守ることとし、障害者が地域で生活するため公共施設を使いやすくするなど、様々な分野で合理的配慮が求められることとなります。障害を持っていても、地域社会で生活する権利を他の者と平等にもっており、障壁が取り除かれ、他の者と同じように生活できるよう目指しています。

 日本の福祉施策は時代とともに大きく変わってきた。1970年代、社会福祉施設緊急5か年計画により福祉施設整備の時代となりました。これは都市化・工業化・核家族化・高齢化に伴う家族・地域の介護力・養育力の弱化という時代背景から、全国で入所施設を建設しました。今でもその必要性が無くなるものではなく多くの施設が活動しています。1990年代には、地域で暮らしたいという意向が高齢者や障害者より出てきたため、市町村を基盤とした在宅福祉サービス整備の時代を迎えました。2000年には社会福祉法改正・介護保険法施行と、福祉サービスを利用する立場からの法律にかわり介護保険制度がスタートしました。2003年には、身体障害者と知的障害者福祉において措置制度から支援費制度へと利用契約制度に代わり、2005年には障害者自立支援法が施行され、身体・知的・精神の3障害一元化となり、施設体系についても日中活動支援と夜間の居住支援を分離し大きく変わりました。前記、国内法の整備とともに、2013年障害者総合支援法が施行され、基本的人権を享有する個人としての尊厳が明記され、この条約の批准となりました。

 障害者が一人暮らしを、或いは、入所施設から出て地域生活を始めるには、生活の場を確保しなければならない。地域住民の障害者への理解はもとより、身体的なハンディーをカバーしうる設備であること、通勤・通院・買い物が可能な環境であることなど障害を持たない者よりも条件は厳しくなる。また、費用についても多くは出せない障害者の方は多い。障害がある為に、緊急の時や想定できる場面でのヘルパーや協力者が必要となる。障害者が地域で生活するには、生活の場・生活費・人的サポートの条件をすべて満たさなければ踏み切れないケースも多い。

障害者個々の要望に叶う福祉サービスをひとつずつでも増やしていくことが障害者の地域生活を推し進めることにつながると思う。しかし昨今、介護職・福祉職になろうとする者も減少傾向にあり、福祉サービスを提供する事業所が地域に増えるかも危ういのではないだろうか。また、要望する障害者が少数で利用回数の少ない福祉サービスの場合、その地域で事業は成り立つのだろうか。

 加えて、障害者や障害者の介護・支援に携わる家族の高齢化も進んでいる。個々の障害内容や環境でも異なるが、地域社会での生活に限界を感じている方も居られる。

支援区分認定・介護認定を受けたが、認定が低いため福祉サービスを利用できない。年金など収入額が少ないので福祉サービスを使うことをためらう、或いは、施設に空きがなくて利用できないなどのケースも少なくない。高齢者施設に入れないので障害者施設での入所を継続し、看取りまでという考え方もあり、現行施設のあり方や設備を変えているところもあると県外の障害者施設での話も聞く。

地域での生活、施設入所での生活、何れにせよ障害者本人の選択を尊重し、個々の障害者が置かれている環境を考慮し、障壁を取り除くための多様な要望に応えることは一事業所だけでは難しい。事業者間そして医療・障害者福祉・高齢者福祉・地域行政などとの連携を一層図り、要望に応えようとするサポート体制は欠かせない。

 

 

『塚原氏のこと』

理事長  笠島 學

 私が高岡市身体障害者福祉会という社会福祉法人の3代目理事長を引き受けてから早18年目になりますが、塚原氏は法人の生え抜き職員であり、現在は本部事務局長兼理事を務めてもらっています。実に真面目な性格で、措置の時代から障害者授産に深く関わり、しっかりとした意見をもっています。悪法の障害者自立支援法が出来たと思ったら日和見的に頻繁に改正され、障害者福祉は専門家でも今がどうで、将来がどうなるか全く見通せない状況が続いています。障害程度の軽い人は施設から出ろ、職住分離をしろという方針が示されていますが、現実は現施設を出ても生活ができない人が多くいます。寄稿文の途中を削除したため理解しづらいかもしれませんが、どうか塚原氏の障害者を想う気持ちと苦悩を分かってください。

特別寄稿 ほほえみ第64号(平成26年6月号)

『元気の源は「きれいな舞姿」に』

      平下 由紀子 (二代目藤間勘登栄)

 日本舞踊の藤間流藤栄会を主宰しています二代目藤間勘登栄と申します。じっとしているのが苦手な私は、絶えず動いているからでしょうか。同居している長男夫婦が共働きのため、家事や孫たちの世話は日課。限られた時間の中で日本舞踊の稽古に励んでいます。周囲の人が思うような忙しさは自分自身で感じておりません。時間に追われる生活の中でも、全てに集中するように行動しているため、体力的に疲れることはあっても、精神的に疲れることがあまりないのです。それが「元気な姿」に映るのでしょうか。心身ともに健全でなければ元気とは言えないと思いますので、体力づくりに加えて日々リラックスした気持ちでいることを心掛けています。

 母である初代藤間勘登栄に師事して幼少時から日本舞踊を始め、この道は半世紀以上になりました。日本舞踊の魅力は、さまざまな演目の踊りを通じて、現実と別世界の多彩な役柄を演じられることでしょうか。お姫様や芸者、町娘、武士など数え上げればきりがない色々な役に挑戦できます。驚かれる方がいるかもしれませんが、ここに掲載されている写真は2年前に私が躍った姿で、このような格好もします。

 日本舞踊の踊り手は、日々、地道な稽古を続けていなければ、きれいな舞姿を保つことはできません。そのため、定期的に舞台に立つ人は稽古を怠ることができないのです。スポットライトを浴び、華やかに見える舞台で演じるのは実は大変なエネルギーが必要で、お客様に喜んでもらえる踊りを披露するには、日常の稽古や体力づくりが欠かせないと言えます。

 私の場合は、目標に向かって続ける努力は苦痛でなく楽しく、「毎日の小さな努力が大切」と自分に言い聞かせています。ウォーキングをしなければ、とか何か運動をしなければ、と義務的に体を動かしても長続きしないと思いますし、毎日、自分のペースで適度に無理せずに体力づくりに励むことが長続きにつながると思います。

 振り返りますと、これまでに舞台でさまざまな演目を踊ってきましたが、「これは良かった」と満足できる踊りは一度もありません。「日本舞踊は一生修行」という思いを持っており、満足できないからこそ「次の舞台に向けて頑張ろう」との気持ちがわき上がり、それが、周りの人から言われる元気や若さの秘訣になっているのでしょうか。ただ、年齢を重ねますと、体力は若い頃には及ばず、思うように体が動かずにさみしく感じることもあります。しかし、日本舞踊では重ねた経験の分だけ深みのある踊りが披露できると思っていますし、気持ちを前向きに精神的にリラックスした状態で、稽古を含めて日常の生活を送っております。

 毎日の地道な努力の積み重ねが、舞台での美しい舞姿となって表れますように願っているのです。

 

 

『平下さん、寄稿有難う』

      理事長   笠島 學

 平下さんとは高陵中学時代の同級生で団塊世代です。たまたま同級生がやっているスナックで一緒になり、元気溌剌な処を文章にしてよ、と頼んだら、快く引き受けてくれました。めったに会いませんが、会うと明るく歯切れよくしゃべり、踊りをやっている為に姿勢が良く、実際の年齢より随分若く見える彼女から若さと元気の素をもらっています。

診療案内
INFORMATION [はじめて受診される方へ]  初診の方はご覧ください
[受付時間のご案内] 【月~金曜日】
 午前   8:30~12:00
 午後 13:30~17:00
【土 曜】
 午前 8:30~12:00
 午後 休診
【休 診】
 日曜・祝日・お盆・年末年始
医療法人社団 紫蘭会 医療法人
光ヶ丘病院
Medical Corporation HIKARIGAOKA 〒933-0824
富山県高岡市西藤平蔵
313番地
TEL 0766-63-5353(代)