2016

HOME  >  2016

巻頭言 ほほえみ第70号(平成28年12月号)

 少子高齢化が徐々に進んでいます。子供や労働人口が減り、マンパワーの確保が益々困難になります。高岡のような田舎の小都市では85歳以上こそ増加しますが、高齢者の数は殆ど増えません。今後、人口減少の加速度が増すので、入院が必要な患者は確実に減るでしょう。そして家族介護力が日増しに脆弱になっていくのを肌で感じています。年120万から160万へと多死時代を迎えます。「時々入院、殆ど在宅」の掛け声で、地域包括ケアを推進するには、在宅医療の充実が欠かせません。光ヶ丘病院地域医療連携の会のメンバーの先生方からの緊急紹介が増えてきました。当院は地域医療を担っている先生方を支える在宅医療支援病院として、休日・夜間以外なら全ての患者さんを受け入れるよう、急性期機能を一層高め、安全で質の高い医療・ケアを提供するよう研鑚します。
 病院では、毎週の認知症ラウンドをはじめ、感染・医療安全・栄養サポート・褥瘡・緩和ケアが多職種チームで活動していますが、患者さん本位の姿勢を貫きたい。急性期基幹病院・特養などの施設・在宅からの入院を受け持つ看護13対1病棟は、在院日数と重症度をクリアしていますが、入院直後から退院後の事を考える素早い対応が求められます。当院の地域連携室を5人に増やしました。医療療養病棟は重症者を引き受けながら、在宅復帰率を確保し続けていますが、認知症があっても寝かせきりにしないという職員みんなの熱意と、5つとも最高ランクを有するリハビリ力も重要な役割を担っています。人件費やIT関連費用が高騰するので、従来以上の高い病床稼働率の維持が求められています。次回の改正で廃止の危機のある介護療養病棟は最高ランクを維持しながら、改正の行方を見守っています。老健も在宅復帰機能加算を取得していますが、在宅強化型にしないと生き残れないのではと危惧しています。
 地域に信頼され、入院してよかったと思われる病院・施設になるためには、優しさと温かさに包まれ、やる気のある職員がケアの質の向上に真摯に取り組まねばなりません。認定看護師も5人になり、学会発表も活発に行なっていますが、いつも言うように、一つ上の資格を目指す職員の支援を惜しみません。そして、もっと地域に出かけて、オレンジクラブが毎月行なっているように、出前介護教室などを積極的に開催し、健康に関する啓蒙を通して「地域おこし」の一助になればと願っています。

紫蘭会理事長  笠島 學

巻頭言 ほほえみ第69号(平成28年7月号)

 6月に開催された在宅医療学会とプライマリ・ケア連合学会に初めて参加してきました。地域医療を皆でつくり、新たな専門医となる総合診療医を育てようという意気込みが感じられる活力ある学会でした。

 英国では60年前から全国民が家庭医を登録し、「ゆりかごから墓場まで」医療問題の解決に携わっているシステムが確立しています。オランダでは、住民が家庭医を含む多職種協働プライマリ・ケアに関わり、支え、育てる地域づくりがうまく機能しています。オランダを手本とした日本版プライマリ・ケア分類の試行例の発表もありました。わが国では総合診療医や在宅医を充実させることが待ったなしの状態です。我々は病院や老健などの施設に閉じこもりがちですが、もっと地域に出向き、地域の人たちと一緒に地域づくりをしなければいけないと感じました。当法人は、地域包括支援センターをはじめ、訪問看護・訪問リハ・通所リハ・ショートステイ・ケアハウスなど地域と共に歩む在宅部門があります。また、治療・ケアだけでなく、未病や予防にも取り組み、人間ドックや在宅栄養指導などを拡充させ、地域を育て、地域に貢献でき、地域と共に歩む法人にしていかなければなりません。毎月行なっている認知症カフェに加えて、老人会や自治会がお寺や公民館で催す健康講演や健康カフェに参入し、地域の健康意識を高め、地域のよろず相談所になっていきたいと思っています。

 当然のことながら、職員が医療・ケアの質の向上に精進することが、地域に信頼される法人に求められます。11月から電子カルテが導入され、情報共有が容易にできるので、多職種チームケアがやり易くなりました。認知症認定ナースがいるので、4月から毎週、認知症ケアのラウンド(回診)を始めました。当院には感染管理・看護教育管理・緩和ケア認定ナースもいます。医療安全や感染症や褥瘡や栄養サポートのラウンドをやっていますが、6月から緩和ケアのラウンドも行なっています。

 昨秋、県内で唯一、法人が委託された高岡市認知症初期集中支援チームは十数例の困難事例を認定ナース・社会福祉士・作業療法士・サポート医が依頼元の地域包括の方と知恵を絞って討論を深めています。認知症ケア専門士は3名増えて20名になりました。認知症にやさしい法人と言えるでしょう。心臓リハビリ・呼吸器リハビリ・摂食嚥下リハビリも、かなりの成果を上げており、学会発表ができそうです。

 いつも言ってるように、私は、やる気のある職員、一つ上の資格を目指そうとする職員には、できる限りの支援をしていきます。介護福祉士を目指す人は研修・受験費用を法人負担しますので、是非トライして下さい。

紫蘭会理事長 笠島 學

『徘徊する若年性認知症者に認知症初期集中支援チームが関わり、在宅生活を継続できた事例~本人と主介護者の思いを聞き、多職種が連携~』 第47回日本看護学会(在宅看護)

H28.7-nihonkangogaltukai

特定健診・がん健診を行っております。

当院では、特定健診・がん健診を行っております。

特定健診
 受診券記載の有効期限まで受診可能です。
 事前予約不要です。
 当日は保険証と受診券を総合受付にお持ち下さい。

がん検診
 受診券記載の有効期限まで受診可能です。
 当日は受診券を総合受付にお持ち下さい。

 以下の検診は予約不要。受診券を総合受付にお持ち頂ければその日のうちにできます。
  ・肺がん検診
  ・大腸がん検診
  ・前立腺がん検診
  ・肝炎ウイルス検診

 以下の検診は事前予約必要。まずはお電話にてお問い合わせ下さい。
  ・胃がん検診(胃カメラ)
  ・胃がん検診(胃透視)
  ・乳がん検診(マンモグラフィ)
 
 詳細は総合受付までお問い合わせ下さい。 TEL:0766-63-5353

社会福祉士

診療案内
INFORMATION [はじめて受診される方へ]  初診の方はご覧ください
[受付時間のご案内] 【月~金曜日】
 午前   8:30~12:00
 午後 13:30~17:00
【土 曜】
 午前 8:30~12:00
 午後 休診
【休 診】
 日曜・祝日・お盆・年末年始
医療法人社団 紫蘭会 医療法人
光ヶ丘病院
Medical Corporation HIKARIGAOKA 〒933-0824
富山県高岡市西藤平蔵
313番地
TEL 0766-63-5353(代)