新着情報

HOME  >  新着情報

乳がん検診予約カレンダーを導入しました

2017.06.24 カテゴリー[ news ]

平成296月から、乳がん検診予約カレンダーを導入しました。

それにより、乳がん検診の予約状況をホームページにて把握することができます。

ただ、ホームページから直接予約することはできませんので、お申込みやお問い合わせの際は、内容を確認の上お電話にてご連絡下さい。

 

以下のルートから入ることができます。

・光ヶ丘病院のご案内 > 乳がん検診予約カレンダー

・トップ画面の「外来受診のご案内」枠の中の 乳がん検診予約カレンダー

巻頭言 ほほえみ第71号(平成29年5月号)

2017.05.13 カテゴリー[ document ]

 

 新年度となり、10数人の新しい仲間を迎えることが出来ました。何といってもマンパワーが法人活力の源です。存分に力を発揮してください。又これで5人目となる准看から正看へ見事合格した嬉しい知らせも入りました。今回は慶応義塾医学部新聞(第七八五号平成29年3月31日発刊)のコラム掲載文を巻頭言とします。

 

鑑往知来

 

 北陸新幹線で繋がったとはいえ、東京からは遠く離れており、冬は雪のため活動が鈍る富山の片田舎で、慢性期医療主体の民間病院からの報告です。実は丁度8年前に、この慶應義塾醫学部新聞の「論壇」に「地域医療を支える良質な慢性期医療」と題して投稿しました。当時の主張は今と全く変わっていませんが、激動の医療情勢に乗り切れていないとも言えます。医療は急性期基幹病院と開業医だけで行なえるものではなく、良質な慢性期医療が絶対に必要で、寝たきりや認知症は多職種によるチームケアが確立されている療養病床の得意分野であり、地域連携室を通しての様様な形の連携や訪問診療・訪問看護・訪問リハビリ・通所リハビリ・ショートステイなどの在宅部門を充実させて地域と共に歩む姿勢が必要です。病院の機能分化で慢性期病床が将来半減する時代ですが、既に療養病床の病床利用率は9年で3ポイント落ちており、田舎では人口減少が追い打ちをかけて収支の悪化を招いています。今後は医療区分の高い療養患者にも居住費を徐々に上げていき、殆ど在宅、時々入院を合言葉に在宅へのシフトを強引に迫るでしょう。我々は在宅部門を一層充実させるとともに、急性期機能を高めて勤務時間帯なら救急患者をいつでも引き受ける在宅療養支援病院としての機能を持つべきです。定期的に開催している在宅医療連携の会の先生方からの紹介が増えています。そして患者や地域に選ばれる病院になるには、何といっても人材育成を最重視すべきです。慢性期医療には全人的な心あるケアが求められます。一つ上の資格を目指せ、やる気のある職員に援助を惜しまないと言い続けてきました。学会発表が当たり前になり、認定看護師が5人おり、認知症ケア専門士を22人が取得しました。激務の中にやりがいや温かみのあるケアを求めている職員と共に地域に貢献したい。

(紫蘭会光ヶ丘病院理事長 笠島 學 外51回)

 なお、原文は慶應医同窓会ホームページに載っています。

紫蘭会理事長 笠島 學

 

高岡市認知症介護家族支援事業 オレンジ倶楽部のご案内   平成29年1月14日(土)開催

2017.01.05 カテゴリー[ news ]

寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。1月は中田コミュニティセンターで五平餅つくりをしたいと思います。
また、音楽を楽しんだり、体操を取り入れたりして良い時間を過ごしたいと思います。

お忙しいとは思いますが、皆様のお越しをお待ちしております。

詳細は以下のイメージをクリックして下さい。

image-orangeclub-H29.1.14

平成28年度オレンジ倶楽部 開催予定表

2017.01.05 カテゴリー[ news ]


認知症や介護に関する知識や技術などについて学ぶための教室や、認知症の方や認知症の介護をしている方の相互の交流を図るため、情報交換会や交流会を開催します。
開催時間は、各回とも 1330分~1530分 です。
参加をご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい。

連絡先  TEL0766-63-6035 (はやしひろやす)

         FAX0766-63-8818


日時

場所

住所

内容

平成28年4月9日(土)光ヶ丘病院
平成28年5月14日(土)

おとぎの森

ヨガ活動
平成28年6月18日(土)

社会福祉協議会館

大学生の音楽ボランティア、活動
平成28年7月16日(土)

戸出コミュニティセンター

七夕つくり
平成28年8月20日(土)

鳳鳴苑

回想法(ダスキン)
平成28年9月10日(土)

福岡健康福祉センター

劇(ダスキン)
平成28年10月8日(土)

介護老人保険おおぞら

音楽療法(増田さん)
平成28年11月12日(土)

上渡・東石堤公民館

いきいき脳トレ
平成28年12月10日(土)

光ヶ丘病院

オカリナ、ケーキ作り
平成29年1月14日(土)

中田コミュニティセンター

939-1272

富山県高岡市下麻生1108

お菓子作り
平成29年2月4日(土)

社会福祉協議会館

933-0866

富山県高岡市清水町1丁目730

平成29年3月11日(土)

福岡健康福祉センター

939-0132

高岡市福岡町大滝22番地

巻頭言 ほほえみ第70号(平成28年12月号)

2016.12.14 カテゴリー[ document ]

 少子高齢化が徐々に進んでいます。子供や労働人口が減り、マンパワーの確保が益々困難になります。高岡のような田舎の小都市では85歳以上こそ増加しますが、高齢者の数は殆ど増えません。今後、人口減少の加速度が増すので、入院が必要な患者は確実に減るでしょう。そして家族介護力が日増しに脆弱になっていくのを肌で感じています。年120万から160万へと多死時代を迎えます。「時々入院、殆ど在宅」の掛け声で、地域包括ケアを推進するには、在宅医療の充実が欠かせません。光ヶ丘病院地域医療連携の会のメンバーの先生方からの緊急紹介が増えてきました。当院は地域医療を担っている先生方を支える在宅医療支援病院として、休日・夜間以外なら全ての患者さんを受け入れるよう、急性期機能を一層高め、安全で質の高い医療・ケアを提供するよう研鑚します。
 病院では、毎週の認知症ラウンドをはじめ、感染・医療安全・栄養サポート・褥瘡・緩和ケアが多職種チームで活動していますが、患者さん本位の姿勢を貫きたい。急性期基幹病院・特養などの施設・在宅からの入院を受け持つ看護13対1病棟は、在院日数と重症度をクリアしていますが、入院直後から退院後の事を考える素早い対応が求められます。当院の地域連携室を5人に増やしました。医療療養病棟は重症者を引き受けながら、在宅復帰率を確保し続けていますが、認知症があっても寝かせきりにしないという職員みんなの熱意と、5つとも最高ランクを有するリハビリ力も重要な役割を担っています。人件費やIT関連費用が高騰するので、従来以上の高い病床稼働率の維持が求められています。次回の改正で廃止の危機のある介護療養病棟は最高ランクを維持しながら、改正の行方を見守っています。老健も在宅復帰機能加算を取得していますが、在宅強化型にしないと生き残れないのではと危惧しています。
 地域に信頼され、入院してよかったと思われる病院・施設になるためには、優しさと温かさに包まれ、やる気のある職員がケアの質の向上に真摯に取り組まねばなりません。認定看護師も5人になり、学会発表も活発に行なっていますが、いつも言うように、一つ上の資格を目指す職員の支援を惜しみません。そして、もっと地域に出かけて、オレンジクラブが毎月行なっているように、出前介護教室などを積極的に開催し、健康に関する啓蒙を通して「地域おこし」の一助になればと願っています。

紫蘭会理事長  笠島 學

診療案内
INFORMATION [はじめて受診される方へ]  初診の方はご覧ください
[受付時間のご案内] 【月~金曜日】
 午前   8:30~12:00
 午後 13:30~17:00
【土 曜】
 午前 8:30~12:00
 午後 休診
【休 診】
 日曜・祝日・お盆・年末年始
医療法人社団 紫蘭会 医療法人
光ヶ丘病院
Medical Corporation HIKARIGAOKA 〒933-0824
富山県高岡市西藤平蔵
313番地
TEL 0766-63-5353(代)